USCPAがやじやじしてる

氷河期世代のUSCPAがうだうだと語ります。受かっているから言いたい放題。USCPA試験ってそこまで難しくないですよ~。

監査法人で同期にちょっと差をつけたい新人が持ちたいマル秘アイテム

日本の公認会計士の合格発表されてからの数か月間は新人が監査法人にどんどん入ってくるシーズン。 最初は誰しもが希望とやる気に満ち溢れた感じで入ってきます。プロフェッショナルとしてやっていくんだという自信に満ち溢れた姿を見るとこっちまでいい先輩…

監査法人ワークの(数少ない)楽しみである出張事情

それなりにプレッシャーのかかる監査法人ワークの数少ない楽しみの一つが出張。 会計系の職業にしては珍しく出張が多い仕事です。人によりけりですが最低月1ペース以上で何かしらの出張が入る感じでしょうか。多い人だと1ヶ月の半分以上が出張なんてこともあ…

BATIC等の会計系マイナー資格の活用方法

これまでの日本の長い不景気のせいか何となく資格を持っておこうという風潮ができて、そのため色々な資格試験が行われています。 とは言えそれらの資格の価値は玉石混合。会計系の試験においても日商簿記や会計士の様にメジャーなものもあれば、その筋の人(…

USCPA(米国公認会計士)のライセンス維持費って実は年間3万円程度とお値打ちな件

USCPA合格後の悩みとしてあるあるなのがライセンス取る取らない問題。 個人的には合格したのならライセンスまで取らないと意味がないと思う派なのですが、取らない派の意見としては取得や維持にコストがかかるというもの。 そこで今回はライセンス維持のため…

外資系経理職から監査法人に行って驚いたことベスト5

現在外資経理で働いていてUSCPAを取得したら監査法人に行ってみたいって人も多いかと思います。私も外資経理マンから監査法人へ移ったくち。 経理から他の経理に転職した時には会社のカルチャーの違いこそ違うけどそう大きな変化を感じなかったものですが、…