USCPAがやじやじしてる

氷河期世代のUSCPAがうだうだと語ります。受かっているから言いたい放題。只今監査法人勤務中。監査法人で働くUSCPA仲間を増やしたい!!USCPA仲間大集合!!

外資系経理

高度プロフェッショナル制度って会計士業界にもやっぱ適用されるのか

最近(2018年6月時点)よくTVやYahooニュースでよく見かけるようになった気がするトピックが『高度プロフェッショナル制度』について。 残業代ゼロ法案なんてキャッチフレーズ(?)で結構多くの人が知っているこの法案です。 延々と続くモリカケの話とか落としど…

USCPA(米国公認会計士)についてよくある質問に本音ベースで回答する

USCPA(米国公認会計士)試験を始めようと思ったら概要などを予備校のホームページで調べるのが普通なのですが、予備校のホームページにあるよくある質問の回答って普通は耳当たりの良いこととか書いてなくて何となく本質が掴めないなんてことがあるかと思いま…

USCPA(米国公認会計士)試験の為の試験1週間前における勉強法と不安解消法

試験直前って一通り勉強も終わっている状態なのでいまさら何を勉強をしていいのか悩んだり、自分のがどれ位実力がついているのか分からなくて本試験で何点取れるのか予想できなくて結構不安になるもの。 色々やったからこそ悩む最後の一週間。何やったらいい…

経理職での転職100%必勝バイブル

現在の日本の雇用状況は氷河期世代の採用を抑制した影響が元々ある中で、さらに政府主導の働き方改革の下で過残業の抑制などもあって慢性的にどの会社も人手不足。 景気の動向はある程度は転職市場に影響を与えるものですが、会社としてはある程度マンパワー…

BATIC等の会計系マイナー資格の活用方法

これまでの日本の長い不景気のせいか何となく資格を持っておこうという風潮ができて、そのため色々な資格試験が行われています。 とは言えそれらの資格の価値は玉石混合。会計系の試験においても日商簿記や公認会計士の様にメジャーなものもあれば、その筋の…

USCPA(米国公認会計士)の転職では必ずどこかのエージェントを使うべき5つの理由

USCPA合格後に外資系経理や監査法人に転職をする予定の方も多いかと思います。 そんな時に必ず利用して欲しいのが転職エージェント。転職サイトではなくてエージェントです。 転職エージェントなんて言うと適当な案件を紹介されたりするのではと何となく胡散…

仕事で怒られてもそこまで気にしないほうがいいですよ

昨今パワハラからの自殺とかが問題になるなど、部下などの下の人に対する指導方法も昔ながらの厳しさに重視した方法から、個人を尊重して指導していくようなやり方に大きく変わってきている時代です。 今時の(オヤジっぽい表現でスミマセン)若い世代は何事に…

USCPAのキャリア比較(監査法人 vs 外資経理) - 休暇の取りやすさについて

USCPAの合格後の2大キャリアといえば(と勝手に思っているのは・笑)、監査法人と外資系経理職。 合格後にどちらの道を選ぶかは、その人のキャリアパスや働き方によってまちまち。 仕事内容、給与、勤務形態など色々と考慮する要因はありますが、今回は休暇の…

1ヶ月で簿記3級に合格できる最強独学勉強法

経理職を目指す人がまず最初に取得するのが簿記3級。 経理は少し専門的な知識が必要となる職種なので、社内で部署異動でもしない限りは知識のない無資格者が経理職に就くなんてことは基本的には不可能です。 ですので経理をやりたければ必ず簿記検定の資格が…

人生変えてみたい社会人は簿記3級を取ってみるといいかも

大学を卒業してなんか働いてみたものの仕事もしんどいし他業種に転職したいなんて人もいるのかと思います。 そんな人にとりあえずトライしてみて欲しいのが簿記3級。 簿記3級をオススメするのは私が会計業界にいるからってこともありますが、簿記3級の合格ま…

USCPA合格後のキャリア比較 - 監査法人 vs 外資系経理

USCPA合格後のキャリアとてよくあるのは監査法人での監査職と外資系事業会社の経理職。 正直どっちも捨てがたいキャリアパスであったりするので迷う方も多いかと思います。 そこで今回はどっちも経験した私がそれぞれのメリットとデメリット(どっちもそんな…

30代から未経験で外資系経理職に転職するオススメルート

隠れたホワイト職として人気の外資系経理マン。 外資系で経理をしたい人はそれなりに多いのですが、即戦力を重視することから英語力のある経理経験者にしか門戸を開いていない意外と狭き門。余程のキャリアでもない限り未経験者で入るのは難しいです。 とは…

外資系経理職のメリットとデメリット

USCPA取得後のキャリアとして多く人が考えている外資系経理職。 外資系って響きからいろいろイメージが湧くかもしれませんが、実態についてはあまり知らない人の多いのではないでしょうか。 そこで今回は外資系経理職の実態をメリットとデメリットに分けてご…