USCPAがやじやじしてる

氷河期世代のUSCPAがうだうだと語ります。受かっているから言いたい放題。USCPA試験ってそこまで難しくないですよ~。只今監査法人勤務中。監査法人で働くUSCPA仲間を増やしたい!!

USCPA(米国公認会計士) vs 簿記1級 どっちが欲しい??

ブログを書くにあたってネタ探しも兼ねてUSCPAについて改めて色々調べてみると意外と見るのが、

USCPAと簿記1級はどちらがいいですか」的な質問。

今回はこちらについて見解を述べてみようかと思います。

いきなり結論

私の結論をいきなり言っちゃうと、『絶対USCPAにすべし』ってところです。

私がUSCPAだから?? いえいえ、それだけではありません。もっと理にかなったUSCPAをオススメしておく理由をご説明致します。

理由1:キャリアパスが一気に広がる

USCPAの数少ない大きなメリットの一つである『会計と英語が得意な人イメージ』の効果は絶大です。

外資系経理職はもちろんのこと、金融会計系コンサル監査法人同窓会で女子に自慢できそうなホワイトカラー職場(もちろん実態はハードワークな職場)へ入るチャンスは一気に広がります。チャンスに恵まれれば海外で働くことだって夢ではありません。

特に英語力が求められるところは応募するのも躊躇したりするものなのか応募者が意外と多くなかったりするので採用チャンス的には激アツです!!そのようなところ英語で面接を行いますがそんなに大したことありません。アメリカのドラマの主人公みたいな洗練された感じは全く必要ありません。中学英語が口からちゃんと出るレベルで十分です。USCPA試験の際に覚えた会計用語(特にFARとBECで出てくるワード)をちょっと会話に散りばめるとそれっぽいインテリな雰囲気を出すことができます。

昨今の団塊世代の大量退職の影響もあるのか、USCPAだけあれば未経験者でも入れたりするものです。簿記1級だけだとそこまでは難しいでしょう。時代の流れにもよりますがこれはもうUSCPAの圧勝

www.uscpayajiyaji.com

理由2:競争相手が少ない

前回の記事にも書いた通り、日本人のUSCPA合格者ってまだまだ少ないです。ちょっと古いデータですが2014年度に日本会場で4科目合格した人の数はわずか325人。相当にレアなものです。

簿記1級だと昨年度の実績で1,600人。それ以上の上級資格である税理士・会計士と含めると簿記1級以上の資格を持っている人が相当いる計算になってしまいます。日本基準のプロは相当に多いのです。ましてや上級資格があるってことは簿記1級だけだと転職活動において相当に弱いって考えるのが普通かと。

競争相手が少ないってことはある意味ちょっとした既得権があるようなものなので、そういった意味ではUSCPAの転職市場は相当なブルーオーシャン。US基準のプロは少ないのです。

www.uscpayajiyaji.com

理由3:試験のチャンスが多い

個人的に受験期にすごく思ってたメリットがこれ。USCPA試験は年に4回も受験可能。これは精神的に相当な支えになってました。

試験あるあるで「問題との相性が悪くてダメだった」ってのがあるかと思いますが、USCPA試験だとダメでもまたすぐ受けれるし問題との相性とかはあまり気にする必要がないのはメリットです。ダメならまた再来月位に受けようってノリで受けるとプレッシャーがかからないせいか結構受かったりします。

簿記1級がいいなと思う理由

相当なUSCPA推しでしたが、隣の芝は青いって感覚で簿記1級のメリットも見てみます。私は簿記2級までしか持っていないのでその辺は素人じみた稚拙なイメージになることをご了承ください。

理由1:受験料が安い

真っ先に思いついた簿記1級のメリットはこれ。受験料がたったの7,710円。10,000円札でおつりが返ってきます。

かたやUSCPAの受験料は私が受けた時は日本受験でなんと1科目500ドル。110円換算でなんと55,000円。4科目あるので最低でも220,000円は払う計算となります。今はさらに値上がりしてるし、新試験にもなって難易度も上がったみたいだしこの辺いいとこなしです。

年に数回チャンスがあるし7,710円なら落ちてもいいやとばかりにガンガン受けれますね。

理由2:誰でも受けれる&申し込みが簡単

日本人的には普通の感覚ですがこれってありがたいことです。USCPA受験には学歴要件があったりするので誰でも受けれるわけではありません。たまに新聞に載るような地元の商業高校生が簿記1級に合格したなんてこともありません。

受験票をもらうまでに大学から英文の卒業証明と成績証明をもらって、学歴審査期間にEMSで送付してようやくそれぞれの州に出願してって感じの月単位で時間のかかる二度とやりたくないようなダルいフローを踏む必要があります。受験前のこの辺のアドミな作業で脱落した人って結構いるんじゃないかと思うほど面倒くさいです。

簿記1級も調べてみると商工会議所へ申し込みが必要ってところは面倒くさそうですが1日で終わるってところはとてもいいと思います。

理由3:上級試験につながっていく

簿記1級は会計士・税理士の登竜門』みたいなキャッチフレーズをどこかで見たことがあるので持っているイメージなのですが、簿記1級から日本最強の会計系資格である会計士・税理士につながっていくのはいいなあと思います。

どっちか迷ってるならUSCPAにしときましょ

まとめてみると(と言うより結局は自分が持っているからってのもありますが)結局はUSCPAをオススメしておきます

迷っているならUSCPAにしときましょう。特にミーハーな性格な方はならこれでマジで十分。グローバルで世界に通じるキャリアパーソンになっていくこと間違いなしです。ぶっちゃけどんなパーソンなのかか全く分からないのですが・笑、そこそこ人生が面白くはなってます。

簿記1級派ならその後会計士か税理士までやるべし!!