USCPAがやじやじしてる

氷河期世代のUSCPAがうだうだと語ります。受かっているから言いたい放題。USCPA試験ってそこまで難しくないですよ~。只今監査法人勤務中。監査法人で働くUSCPA仲間を増やしたい!!

会計士資格さえあれば世界の人気就職先ランキング上位の会社で働けます!!

毎年公表されている学生の採用・就職に関するコンサルティング会社であるUniversum(ユニバーサム)が出している世界の学生人気就職人気ランキングの上位に軒並みBIG4ファームが入っているのはご存知でしょうか。

今回は最新のランキングを見つつ

2017年度版 世界の就職人気ランキング

こちらがその2017年度版の世界のビジネス専攻学生の人気就職先ランキングです。
EY、PwC、デロイトにKPMGとBIG4ファームがトップ10に全て入ってます

f:id:naoyaji:20170712225307p:plain 出典:World's Most Attractive Employers 2017 Report Findings | Universum

ちなみにその他のTOP10企業はGoogle、ゴールドマンサックス、アップルにマイクロソフトと世界の誰もが知ってそうな名だたる大企業ばかり。むしろ知らない人が多いBIG4ファームがあるのが不自然な程です。

ビジネスや会社の形態について網羅的、体系的に学ぶことが出来るという点でBIG4ファームに人気が集まるわけです。確かに短期間で一気に大会社のビジネスの全体を見渡せるのは監査法人の強みですね。入社1年目のペーペーが上場企業のマネジメントと話す機会のある会社なんてそうそうあるものではありません。

2017年度版 日本の就職人気ランキング

こちらは来春卒業する学生向けの日本の就職人気ランキング。
航空会社と金融でトップ10がほぼ占められてます。私の学生時代(2000年代前半)とほとんど変わらない印象です。

f:id:naoyaji:20170712233646p:plain
出典:東洋経済オンライン 最新版!「就職人気ランキング」トップ300社

大人になった今になると大変不思議に思うのがJTBの異様な人気っぷり

旅が好きだから旅行代理店ってなるのは分かるのですが、個人相手のサービス業って土日休めなくて大変だよ

残念なことにBIG4の会社はトップ10に入ってません。日本だとBIG4の監査法人とか全く一般的な知名度はありません

合コンで「俺、EY(またはほかの法人名)で働いてるよ」なんて言っても女子はほとんど反応しないです。それを言うなら「俺、アメリカの会計士」っていう方がよっぽど食らいついてきます(笑)。

日本のBIG4ファーム就職事情

世界と相当にかい離のある日本のBIG4ファーム就職事情ですが、その最たる理由はもちろん日本は会計士試験合格者を採用するから。入口の段階で相当に絞られているわけです。

とは言え昨今は会計士不足なので試験に合格しさえすればどこかのBIG4に入れてしまうバブル期もビックリの超売り手市場となってます。日本の会計士が足りないのでUSCPAも相当に採用されています。

アメリカのBIG4だと会計士試験の合格は入社の段階に問われません。大事なのは学生時代の成績。もちろん会計学やビジネスの学位が必要ではありますが入口が相当にオープンなのでそれだけ応募する人も多いのです。その他の国も大体同じです。

どちらの採用方法がいいかは人それぞれですが、日本式の方が入りやすいと言えます。

www.uscpayajiyaji.com

会計士資格さえあれば人気就職先ランキング上位の会社で働けます!!

Googleやアップルで働くっていうのは現実的ではないですが、BIG4ファームなら会計士資格さえあれば働くことが可能です。

世界中の学生が希望するだけあってそこでの経験は人生的にも価値がありますし、日本の法人と言えど監査基準や監査ツールはグローバルのものを使いますので自身のバリューも知らない間に相当に上がっていきます。気分はグローバルなエリートですよ(法人内でそんなこと思っている人はもちろん皆無です・笑)。

ちょっと頑張って試験に合格するだけでそんなチャンスが巡ってくるので、勉強中の方は頑張って下さいね。