USCPAがやじやじしてる

氷河期世代のUSCPAがうだうだと語ります。受かっているから言いたい放題。只今監査法人勤務中。監査法人で働くUSCPA仲間を増やしたい!!USCPA仲間大集合!!

隠れた好物件男子。男性会計士を狙え!!

男性会計士は隠れた好物件男子。

医者や弁護士程ではないけど、それなりにプチリッチな今時珍しい「3高(高身長・高学歴・高収入)」メンズがたくさんいます。

今回はそんな穴場男子である男性会計士推しな内容です。

男性会計士の特徴

年収1,000万Overもゴロゴロいます

好物件男子として男性会計士をオススメする最も大きな理由はやっぱり収入の高さ。

「会計士 年収」でググってみたらお分かりになるかと思いますが、医者や弁護士にはかなわないものの平均年収はそれなりに高め。

学生の内に試験に合格したスーパーエリートな会計士だと20代の内に早くも年収1,000万Overしてしまいます。

そもそも難関資格で一生がそれなりに保障されているため、いきなり職を失うリスクも低め。今時珍しい程に安泰の身分です。

お金が男の価値の全てではないですが、懐の余裕はそのまま人生の余裕に直結していきます。

真面目で誠実な性格

大体の会計士の性格は基本的には真面目誠実です。

チャラい人と言うのをほとんど事務所内で見かけることがない程にみんなかっちりしてます。分かりやすく言うとどっちかっていうとおとなしめ気質なタイプが多め。チャラ男との割合は15:1と言った感じ。

難関試験を突破するために何年も勉強することのできるメンタルの強さを持っています。

どちらかと言えばインドア派が多めで派手さはあまりないですがその代わり穏やかで堅実です。

合コン好きなタイプも少なめ。彼女を大事にするタイプが多いです。

高学歴率高し

合格まで5,000時間かかるなんて言われる超難関試験を突破できるだけあって、大体の人が高学歴です。

早稲田、慶応出身の人なんて掃いて捨てる程にいます。むしろメインストリーム。

その2校に国立大学、MARCH、関関同立出身者を足すとほぼ網羅できるのではないでしょうか。

コスト意識が高いです

数字を扱う仕事をするせいなのかコスト意識が高い人が多いです。

自由に使えるお金はそれなりにあるものの、パーッと無駄使いする人とかはあまりいないです。

仕事の際にチームでランチに行く時もその性格はしっかりと発揮されます。

だからと言ってケチではありません。お金の使い方にメリハリがついている感じです。

お坊ちゃん率高し

先程説明した真面目で誠実な性格な人が多いのを裏付けるかのように、男性会計士はお坊ちゃん率が高いです。

親の教育がしっかりした比較的裕福な家庭で育った人が多い傾向にあります。

逆に言うと苦学して会計士になったってタイプは意外と少ないです。

男性会計士を捕まえるには

仕事への理解が必要

会計士である同僚から聞く彼女との別れ話の理由で最も多いのが「繁忙期の残業を理解してくれない」というもの。

年明けからゴールデンウィーク明け位までが12月決算と3月決算の会社の監査で最も忙しい最繁忙期となりますが、この時期に彼女と分かれる会計士はそれなりに多め。

この時期はどんな人でも仕事のプレッシャーがハンパない時期だったりするので残業もガンガンする時期になります。

どれ位忙しいかと言うと、これくらい。

www.uscpayajiyaji.com

彼女のことも気にかけたいけど、どうしても仕事第一にならざるを得ない季節なので、そんな時に仕事に理解をしてもらえないのは厳しいです。

男性会計士を狙え!!

男性会計士は今時珍しい隠れた好物件男子です。

見かけたら是非狙ってみることをオススメしております。絶対間違いないです!!