USCPAがやじやじしてる

氷河期世代のUSCPAがうだうだと語ります。受かっているから言いたい放題。USCPA試験ってそこまで難しくないですよ~。只今監査法人勤務中。監査法人で働くUSCPA仲間を増やしたい!!

監査法人ワークの(数少ない)楽しみである出張事情

それなりにプレッシャーのかかる監査法人ワークの数少ない楽しみの一つが出張

会計系の職業にしては珍しく出張が多い仕事です。人によりけりですが最低月1ペース以上で何かしらの出張が入る感じでしょうか。多い人だと1ヶ月の半分以上が出張なんてこともあったりします。

今回はそんな監査法人の出張事情についてお伝えいたします。

監査法人ワークにおける出張のありがちなパターン

実地棚卸立会

監査法人に勤める会計士のほぼ誰もが行ったことがあるのが棚卸立会。

棚卸の手続きはやり直しがきかないので新人の頃は相当に緊張しながら行うものなのですが、年次も重ねて慣れてくると棚卸立会なんて定型的な作業をこなすだけなのでちょろいもの。出張ワークの中では一番気楽部類に入ります。

担当クライアントによりけりですが工場や倉庫は地方にあることが多いためちょっとした旅行気分で向かいます。

会計士不足のこのご時世なので自分の担当クライアントだけでなく、担当していないクライアントの棚卸立合をヘルプすることも。出張のチャンスはごろごろ転がってます(まあ本音を言うと、担当外のクライアントの棚卸ヘルプとか大体休みをつぶすだけで面倒だから正直やりたくないけど・苦笑)

棚卸のいいところはテストカウントが終了したら仕事も終了なところ。これは仕事を行う上で相当なインセンティブ。いつもに増してやたらと気合が入ります。

棚卸立合は大体1人(多くても2人)で行くものなのでとにかく自由なのがいいところ。翌日にお休みを入れて出張先を旅行するなんてのも気軽にOK。そんな一番気楽な出張なのが棚卸立合です。

支店往査(子会社往査)

監査法人のクライアントは大企業ばかりなので当然各地に支店を持っているものです。

そのため支店の内部統制のチェックというのも監査手続きの一環として行います。

これは普段の作業を子会社でやるだけなので棚卸立合ほどは気楽ではありませんが、それでもいつもよりは開放的な気持ちの中で仕事を行うのでそれなりに楽しかったりします。

ただ支店往査の際には大体その支店のいる方とのミーティング等がいくつも入るものなので個人的にはそれだけがちょっと面倒だと思う部分です。

支店往査の楽しみと言えばチームメンバーとの夕食。支店往査は流石に1人で行くことはあまりなく大体数人で向かうことが一般的。なので夜もそのままチームメンバーで過ごすことが多いです。

普段は残業上等な監査チームも支店往査の時はクライアントに気を遣い定時位で現場を引き上げるもの。なので夜ものんびりみんなでその地方の名物なんかを楽しみます。チームによってはその後ピンクなお店に行ったりすることも(ん?・笑)。

海外出張

監査法人でも海外出張はあります。目的は先程書いた支店往査(子会社往査)。

海外に子会社とかのある大きな会社のクライアントを担当すると海外出張のチャンスが出てきます。残念ながら私はまだ経験なし。

ちなみに海外出張になるとパートナーやシニアマネージャーなど偉~い人と一緒に行くことになるので相当に気を遣うものになること必死です。行ってみたいけどそれもちょっとなあ。。。

出張時の移動&ホテル事情

普段旅行の楽しみと言えば飛行機や新幹線での移動に快適なホテルでのステイ。出張の時もやっぱりその辺は楽しみな部分だったりします。

とは言え出張は仕事の一環なのでプライベートの時に使いそうなゴージャスなホテルに泊まるなんてことはほぼあり得ません。

法人の出張規定でホテルの上限はそこそこ高めに設定されているものの、我々の認識としてはやっぱり1泊4ケタ内におさめないといけないよねといった感じです。っていうか7~8,000円とかでもなんか高いよねなんて言ってくる厳しいマネージャーなんでのもざらにいます。

なので使うホテルはもっぱらチェーン系の安めのビジネスホテルが中心。

東横イン、ルートイン、法華クラブとプライベートではあまり泊まりたくないホテル達がが目白押し。殺風景な13㎡程の狭い部屋の中でいつ辞めようかなんてつい考え込んでしまうのは相当にむなしくなる瞬間です(苦笑)。

ドーミーインなんて泊まれるもんなら小躍りしたくなる程。むしろホテルライフを楽しむならチェーン系があまり出ていないエリアの都市に行った方が昔ながらのホテルに泊まれて出張QOLはあがります。

節約気味なホテルと対照的なのが飛行機や新幹線。会社の規定では当然エコノミークラスに普通車なのですが、差額分の自腹を切って上級クラスにする人が多いです。マジで自腹ですが。

特に新幹線のグリーン車好きは多いように見受けられます。車内で仕事をすることもあるし確かにグリーン車の方が仕事がしやすいですからね。

f:id:naoyaji:20171209163818j:plain

まとめ

監査法人の出張事情はいかがでしたでしょうか。

意外と普通だななんて感じるかもしれませんが、普段の単調なデスクワークから解放される貴重な時間です。

出張も監査法人勤務のちょっとした醍醐味の一つですので行くことになったら是非楽しんで下さいね!